Tehillim

ヘブライ語で"詩篇"、"賛歌"の意 静かにそっと投じるお役立ちメモ。。

首都直下型地震が怖い

2015年12月03日 17時55分

近頃、首都直下型地震がおきるのではないかとあちこちで予想されています。
首都圏に住んでいる人は特に、
この地震がいつ発生するのか気になっているのではないでしょうか。
そして危険地域にも注目が集まっています。

マグニチュード8クラスの巨大地震は、
約200年周期で発生してると考えられており、
今、活動期に入ろうとしています。

1923年に関東大震災が発生したので
マグニチュード7クラスの地震はいつ起きてもおかしくないのです。
首都直下型地震 首都東京が位置する南関東で、今後30年以内にM7クラスの地震が発生する確率は70%とされています。 政治・経済の機能が集中する東京を大地震が直撃すれば、甚大な被害が生じることが予想されます。 http://www.seishop.jp/bousai/jishin/shuto/
首都圏は田舎に比べるとお店や住宅などが
密集しているため被害が広がりやすくなっています。

耐震性の低い住居などは倒壊してしまう可能性があり、
また電車などの交通網でも混乱が起きてしまいます。

電車が脱線してしまう可能性があり、
移動がバスやタクシーなどしか使えなくなるので多くの帰宅困難者が出ることも予想されています。

高層マンションに住んでいる方は、エレベーターが使えないため、
物資の受け取りなどが困難になってしまい高層難民となってしまいます。

そして
オール電化の家庭はライフラインを断たれてしまいます

また、東日本大震災ではディズニーランドのある浦安が話題になりましたが、
首都直下型地震でも液状化が起きてしまう可能性も考えられています。
多くの被害が予想されていますが、
忘れてはならないのが地震が起こるたびに救助してくれる自衛隊員のみなさんの存在です。
地震を人の力で止めることは難しいですが、
被害にあってしまった人達を助けることが出来ます。

その役目を先頭に立って活動してくれているので、
感謝しましょう。

PickUp!